アンナチュラル5話・666の意味と肺をしまい忘れたって何?ネタバレあり

Pocket

アンナチュラル5話
今回も海外ドラマ並みの展開ですね。

法医解剖医の中堂は事件の真相を探るため、肺を体に戻さず保存します。
そのご遺体、実は盗まれたものだったのです。
肺をしまい忘れた!とミコトに言っていましたが、かなり大胆ですね~

アンナチュラル
なかなかすごい発想をします。
原作がなくオリジナル脚本というのが、またすごい!

そしてその保管された肺にナンバリングされていた番号は


666

この666という数字。
しばしば不吉な数字として扱われていますね。

ヨハネの黙示録に出てくる獣。
その獣が42か月もの間、この世界を支配下にし、
666という数字を人々に刻んでいく。とあります。

でもなぜ666が不吉?
はっきりとした理由は実はありません。

聖書にそう書いてあるんです。

というのが理由・・・意味わかりませんねw。

でも他にも666というと

エンジェルナンバーというものがあります。

666には『あなたは今物質的なものに執着しているあまりに、人生のバランスを崩しています。物質に対しての恐れを手放し、スピリチュアルな思考に戻りましょう。』というメッセージが込められています

出典 http://niconicohappy.com/angel666/

中堂がUDIにいる理由は恋人の死因を追及するためです。
でもそれに執着するあまり、かなり過激な行動に出ているのも否めません。


今回の666という数字はエンジェルナンバーを伏線においたナンバーではないか・・・
と思わずには入れませんでした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする