陸王2話感想&ネタバレ・竹内諒真はランナーそのもの

Pocket

陸王2話の感想です。

ネタバレも含まれますので、ご注意ください。

第1話放送から2週空いてしまいましたが、しっかり見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


シルクレイの重要性

陸王2話ではシルクレイと契約に至るまでを描いていました。

スポーツショップの有村さんがシルクレイを絶賛し、これ以上の素材はない!

と言っていましたね。

軽さ、弾力性からみても、申し分なかったようです。

ランナーにとって靴の重量は大事ですし、それ以上に弾力性も重要です。

私のRUN仲間にも軽さを追及して、自己ベストを更新しているランナーさんもいます。

もちろん、自己ベストを更新するため日々練習されていますが・・・

また走っていると、足にかかる負担は体重の約3倍だそうです。

それをフルマラソンなら42.195Kの間衝撃がかかっているとなると、

シューズのソールの重要性が分かります。

スポンサーリンク

ランナーとして終わり?!

足を故障してしまった竹内諒真さん演じる茂木は、スポンサー契約をしている

アトランティスとの契約を打ち切られてしまいます。

「ライバルに置いていかれる!?」

という恐怖と不安から、フォームを変えないと故障が再発するという

コーチやシューフィッターの人たちの助言も聞かずに

走り込みをしてしまうのですが、この気持ち実によくわかります。

私のような亀ランナーでも、練習しなかったら確実に走力は落ちます。

かといって走りすぎると、故障します。

故障した時点では痛くて走れないので、その時点で出来ることをするんですが、

ちょっと良くなると、走っちゃうんですね・・・。

そしてまた今度は違う場所を故障してしまうという悪循環。

フォームやシューズがあっていない証拠です。

茂木は2話で競技場からロビーに戻る時、1話で故障した部位を手で押さえていました。

痛いのかどうなのかは全くわかりませんが、故障した部位に違和感があるのは確かです。

そしてコーチにも

「ランナーとして終わり、お前が変わらなければ。」

と叱責され涙する茂木。

そういった事から、足袋シューズである「陸王」を履いてみる・・・

そしてあの笑顔

竹内諒真さん演じる茂木は過去に箱根駅伝5区を走った!と言われる超アスリート。

ここまでの自信やプライドもあると思います。

その感情が茂木から溢れ出ていて、私も泣きました。

竹内諒真さん、ランナーそのものですね。

素敵過ぎます。

2017年10月15日夜9時スタートの陸王 半沢直樹などをの著書でおなじみの池井戸潤さん原作です。 日曜9時ということろ...

スポンサーリンク

まとめ

私は超亀ランナーなんですが、ドラマ陸王はどうしてもランナー目線で見てしまいます。

竹内諒真さんのランニングシーンもかっこいい!を通り越して、惚れ惚れしてしまいました。

さすが箱根駅伝で青学を優勝に導いた原監督のもと、練習されていた成果ですね。

3話からは、シルクレイを使用した足袋ジュースの開発と、竹内諒真さんや他の方のランニング姿が

見られることを期待していきたいと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする