民衆の敵1話・感想&あらすじ&ネタバレあり・やっぱり篠原涼子の演技はすごい

Pocket

民衆の敵、始まりましたね。

月9にしては、珍しいテーマを扱っています。

立候補から市議会議員になっていく、とういう1話。

本来の放送予定時間より野球中継で30分も繰り下がってのスタートでしたが、

あなたはいかがご覧になりましか?

こちらの記事もどうぞ↓

今もっとも旬な俳優さんといえば、高橋一生さんですね。 NHKでは大河ドラマから朝ドラまで幅広く活躍なさっています。 その...
スポンサーリンク

民衆の敵 感想&あらすじ&ネタバレ

若いママが頑張る姿をドラマのテーマにしているものはけっこうありますね。

今回の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」では、ママ友同志のいじめだとか、

嫁姑問題だとか離婚だとかいうような身近な問題だけではないようです。

一人息子を育てながら、もう少し贅沢がしたい、!と考えている若い夫婦。

泣いている市会議員をテレビで見てその横領した額と使い道に呆れます。

なんか見たことあるあの啼き声です。泣いている市会議員って、

あの議員ではないかと思われますが・・ 笑

ここで主人公の篠原涼子が演じる佐藤智子は、市会議員について調べて

高給取りで8割以上の確立で当選している地元あおば市の市会議員に興味を抱きます。

(ここでもなんだか料亭に行ける!と当選したあとに大喜びしていたある議員を

思い出しました。

彼も議員になったら美味しいことがあると思って

自民党から立候補したんではなかったかな~。)

軽い気持ちでもっと良い生活をするために、と市会議員に立候補した佐藤智子、

選挙活動が始まっていきます。

そんなノリで立候補?とツッコミを入れたくなりましたが

実際の選挙でもあまり深く考えないで立候補したんじゃない?

と思えるような人もいるので、妙に納得してしまいました。

立候補者には大ベテランからアイドル上がりのようなおねーちゃんまで、

いろいろなタイプの人がいます。

つい最近終わった衆議院議員選挙を思い出しても、結構な年配者から大丈夫なのかな?

と心配になるような、にわか立候補者もいましたし・・・

スポンサーリンク

拙いながら立候補して演説をする智子に、こころを打たれたのが

新聞記者の石田ゆり子が演じる平田和美です。

自ら応援したい!と申し出て、自らママ友のネットワークで次々と仲間を増やしていきます。

実際、こんなに上手くいくのかな?とも感じたのは私だけかしら・・・

心強い味方が現れたと思ったら、対抗する候補者側からは

悪質な選挙妨害が始まっていきます。

対抗する笹野高史が演じる磯部真蔵が、智子は子供を保育園にズルして入れていると

マイクで聴衆に訴えます。

言われっぱなしでは納得できないと

智子はこの町のおかしなルールに対して

「そんなのおかしくないですか?」と

マイクを持って切々と訴えます。

すると、そんな智子の正しい言葉に打たれた人々が拍手をするのでした。

いよいよあおば市議会の選挙速報が始まります。

イケメン、大物、ギャルと次々に当確が出ます。

最後に残ったのが智子と磯部でしたが、当確を出したのは磯部の方でした。

智子の家に集まったママ友たちは、智子とともに残念な思いを募らせます。

公園でガッカリしている智子に、

あの磯部が健康問題で辞退をした為、繰り上がったと当選が知らされたのです。

晴れて議員バッジをつけて市議会に出席する智子は、寝ている議員を起こしてひと騒動。

スポンサーリンク

あおば市の市長は女性です。

どこかで見たような風格のある雰囲気。

古いタイプの市会議員をなんとかしなくっちゃと思っているところも

都議選で都知事がおんなじことを言っていたような気がします。

いよいよ普通の子育てママが市議会議員となって旋風を巻き起こしていきそうです。

民衆の敵 篠原涼子はやっぱりすごい

主役の篠原涼子は、実生活でもママとして頑張っているようで、子育てママの役がぴったりです。

髪の毛を無造作に結んでいるようでいて、サマになっているのは流石です。

ストーリー的にハチャメチャな印象で立候補も安易すぎ!と思っていたのですが、

話が進み、篠原涼子演じる智子の演説。

聞き入ってしまいました。

演説の内容というよりは、篠原涼子に惹きこまれましたね。

声のトーンや間の取り方が絶妙!

思わず、この人の演説聞きたい!と思わせます。

マイクパフォーマンスがあるわけでもなく、いたって普通なんですが普通じゃなく見せるところが篠原涼子。

そして、目力に釘づけです。

街頭演説してたら、速攻見に行くこと間違いないです。

民衆の敵 他の役者さんたちも

スポンサーリンク

ドラマでは子役の働きはとても大きなポイントになりますよね。

卵焼きをステーキだと思って美味しそうに食べる演技。

子役なのに、プロ。

ステーキを食べているように見えましたから 笑

この子役の男の子、これからいい感じでドラマのエッセンスになり、いい雰囲気を作っていってくれるんでしょうね。

またママ友の中に「痛快TV スカッとジャパン」でイヤミなボスママを好演しているメグミがいて

これもまたドラマのスパイスを感じました。

まとめ

実際の政治の世界でのできごとをチラホラと見せながらのドラマは、

コメディのようでおもしろく来週からの展開がとても楽しみです。

が、やはり篠原涼子の魅せる演技!に期待度MAXなので、そちらも楽しみにしつつ

見ていこうと思ってます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする