節約術で赤字から脱出。3ヶ月でわかったやりくり法

Pocket

家計を預かる主婦にとって節約は永遠のテーマですよね。

節約=家計簿という方程式が出来上がっていませんか?

買い物するたびにレシートをもらい、お財布はパンパン。

毎日の家計簿は面倒で、ついつい1週間の放置・・・・

レシートのでない自販機でジュースを買ったら、忘れないうちに携帯にメモ・・・・

そんな家計簿の苦手な方にお勧めの家計見直し術をご紹介します。

スポンサーリンク

節約、節約って言われてますが、そもそも節約って何なんでしょうか?

無駄にお金を使わないこと?

安い食材や割引品をたくさんをGETすること?

欲しいものを買わず、美味しいものも食べないで我慢すること?

いえいえ

節約は毎月赤字を出さない!!

これです。

スポンサーリンク




毎月、何にいくら使っているのか把握する

銀行引落しになる以外の、生活費をすべて書き出します。

食費

雑貨

お米

お酒

給食費

美容

衛生

衣類

娯楽

医療費

新聞

学校

クリーニング

夫小遣い

妻小遣い

ざっとこんな感じです。

書き出したものを銀行にある封筒に小分けします。

封筒に予め金額を書いておくとスムーズですよ。

毎月使用しない項目(クリーニング他)も毎月1000円封筒積立をしておけば、

衣替えシーズンに焦らずに済みます。

学校で支払う給食費も毎月決まった金額ですので、毎月決まった金種で用意しておくと

「お母さん、明日給食費!!」

に慌てることなく対応できますw。

また医療費はこども医療が使えるうちでも毎月決まった金額を袋分けし、ストックしておくことで

大人の病気やけが、10月以降のインフルエンザ予防接種代に備えることが出来ます。

小学生まではインフルエンザの予防接種は2回なので結構な金額になりますからね。

スポンサーリンク

年払いにしているものも毎月払いと考えて取り分ける

生命保険料やNHK受信料・国民健康保険・国民年金などが年払い出来ますが、年払いも月払いと置き換えて毎月袋分けして

おくと年払い支払日にすんなりお支払が完了します。

また月払いより年払いの方か何%か割引されているのでので、その分お得ですね。

スポンサーリンク

税金関係  自動車税・固定資産税・車検も月々自己積立する

税金関係は金額が大きいですよね。

一括で払おうとするとかなりの負担で、貯金をおろしたりしないと間に合わないときがあります。

そんな時のために毎月、税金関係の積立をしておくと大きな金額にも備えられます。

こちらは税金用専用の口座を作っておくと支払時に口座から直接支払が出来ます。

封筒間の貸し借りはOK!!

封筒間で貸し借りをしてしまうと、封筒を作成した意味がないかと思われますが

借りた金額をしっかりと封筒に記入しておき、来月足りなかったところから返済すればよいのです。

食費足りない→雑貨が余っている→食費に借りる→来月食費から雑貨に返済する。

こんな感じです。

まとめ

この方法を試すまで3ヶ月前まで毎月赤字でした。

家計簿をつけても、おおよその金額は把握出来ても長続きしない。

ならばいっそ家計簿をやめて、袋分けのみで管理してみました。

封筒間の貸し借りもOKしたことで、今月はどの項目を使い過ぎたかわかります。

封筒分けした中で完了すればよいのです。

お金が足りなくてその都度銀行からおろしていた頃よりは、管理がしやすくなりました。

また銀行に行くのも月に1回ですんでます。

たった3か月の脱節約・脱赤字家計からの脱出ですが、この方法が私にはあっているようですもで

まだまだ続けて、もっと良い方法も探していきます。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする