ウタマロ石鹸は危険?使い方と気になる成分・蛍光増白剤は体に悪いのか

Pocket

息子は小学生だった頃、サッカー少年でした。

サッカーは雨の中でも試合をするので、ユニフォームはもちろん、

ソックスなどは泥まみれの真っ黒。

普通に洗っても汚れは落ちません。

そんな中、ママ友から聞いた

「ウタマロ石鹸使ってる?すごくよく落ちるよ」

の言葉に

「ウタマロ???」

となりつつ、早速ドラックストアへ。

使ってみると、実に汚れが良く落ちます。と同時に

「あまり身体によくない成分入ってるみたいよ」という声も。

そんなある意味魅力的な「ウタマロ石鹸」とは一体どんな石鹸なのか?

調べてみました。

こちらの記事もどうぞ↓

靴下や白いYシャツなどの洗濯に驚異のパワーを発揮する ウタマロ石鹸。 1度は使ったことがあると思います。...

スポンサーリンク

危険な成分とは

ウタマロ石鹸の成分の中で、「危険」と言われているのが

蛍光増白剤です。

蛍光増白剤とは

染料の一種で、太陽光のなかの目に見えない紫外線を吸収して、目に見える青色の光(蛍光)を放出する物質です。
青色の光が白布の黄色みをうち消し、見た目に白さが増して見えます。
蛍光増白剤は漂白剤と違って、汚れを無色にするのではなく、黄色みを打ち消して白く見せるものです。

出典 石鹸百科

では蛍光増白剤がなぜ危険と言われているのかというと

発ガン性などの問題があるとされきたようですが、そんなことはないようです。

人によっては皮膚に刺激を与えてしまったり、アレルギー反応がでる方もいる。

という心配があります。

なので、ガーゼや脱脂綿などには使用が認められていません

スポンサーリンク

安全な使い方

では、どのように使ったらいいのでしょう?

汚れを無色にするのではなく、黄ばみを打消し白くみせる!

という蛍光増白剤の長所でもあり、短所でもあるところを生かし

白いスニーカーを洗いましょう。

スニーカーでしたら、素足で履く方は多くないと思ますし

直接的に肌に触れる面積も少ないですから、安心して使えますね。

ウタマロ石鹸の特徴

ウタマロ石は非常にやわらかいです。

それはこんな理由からです。

水に溶けやすい石けんは繊維のすきまに入りやすく、汚れとなじみやすい。

お風呂場に置いておくと、いつの間にかドロドロになって溶けている・・・

こんなことにならないように、我が家ではこのように使用しています。

ウタマロ石鹸をカッターで半分にカット

持ち手の部分にサランラップを巻いて、水に濡らしたスニーカーに直接塗りこみ

シューズ用タワシでこする。

保管はお風呂場でなく、洗面所など比較的使いやすく、

直接的に水がかからない場所にします。

この方法に変えてからは、石鹸の持ちがよくなりました

スポンサーリンク

使い分け

ウタマロ石鹸は、衣類等の洗濯には使用できないのか?という疑問がわきます。

そんなことはありません。

靴下やYシャツなど白さを保ちたいもので、肌に異常がないのが確認できれば

使用してよいです。

やっぱり靴下などは、真っ白に洗えていると気持ちのいいものですので、

うちでは靴下専用石鹸として使っています。

まとめ

ウタマロ石鹸は、蛍光増白剤が入っています。

ですが蛍光増白剤を調べることで、やみくもにウタマロ石鹸が危険ではないという

結論に達しました。

白いものをより白く洗いたい!という要望には十分に応えてくれる石鹸です。

学校によっては、白い靴下、白いスニーカーが指定されており、

うちの子供たちも例外ではないので、汚れた部分にこすりつけて洗えるウタマロ石鹸は

非常に重宝しています。

これからも白い靴下、白いスニーカーを洗うときはウタマロ石鹸を使用して行きたいと

思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする