秋の七草って何?春の七草は有名だけど、夏の七草・冬の七草もある?

Pocket

秋の七草、ご存知ですか?

存在自体は知っていたけど春の七草よりメジャーじゃない分、親しみがわかないのが

正直なところ。

そして、春・秋と七草があるなら

夏・冬と七草があってもいいはず!

日本には四季があるのだから、きっとある・・・ということで

調べてみました。

スポンサーリンク

まずは春の七草から

春の七草といえは

『七草粥』

ですね。

お正月頃に採れる

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」

を入れたお粥ですね。

正月7日にこれを食べると万病を防ぐ

と言われていて平安時代から続いている風習だそうです。

今はスーパーで七草セットなるものもありますので、手軽に七草粥を食べることが出来ます。

秋の七草とは何をする?

秋の七草は春の七草のように何かを作って食べたりしません。

また、特別に行事があるわけでもありません。

万葉集、古今和歌集、新古今和歌集という三大和歌集万葉集の中で

山上憶良(やまのうえの おくら)が詠んだ歌が由来といわれています。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」

「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花」

この2首といわれています。

秋の七草は

秋に咲き乱れる花を散策して楽しむ!!といった観賞するものです。

この秋の七草の中には「薬草」として使われていたものもありますので、紹介していきます。

スポンサーリンク



秋の七草種類と薬効

萩(はぎ)

薬用部分は「根」

婦人のめまい、のぼせなどに効果があると言われます。

イソフラボンが豊富です。

女性の更年期障害などに用いられています。

すすき

残念ながら「すすき」には薬効はないようです。

桔梗(ききょう)

薬用部分は「根」

咳止めの効果があります。

根にサポニンが含まれているため、膿(うみ)や痰(たん)を

出したりするのに用いられています。

撫子(なでしこ)

薬用部分は「全草」「種子」

消炎、利尿、通経薬として水腫、小便不利、淋疾、月経不順などに用いられます。

流産の危険性がありますので、妊婦さんは絶対に使用しなでください。

スポンサーリンク




女郎花(おみなえし

薬用部分は「全草」「根」

腹痛や下痢、婦人病に用いられます。

サポニンによる溶血作用のため、連用は避けた方がよく、

強度の貧血の場合には用いてはならないのでご注意ください。

藤袴(ふじばかま)

薬用部分は「全草」

血糖降下作用や利尿作用などがあり、糖尿病や浮腫

そして月経不順などに用いられます。

葛(くず)

薬用部分「根」

クズの根は、漢方薬の代表的な風邪薬である

葛根湯(かっこんとう)です。

発汗、解熱、鎮痙薬として、熱性の病、感冒、首や背や肩こり

などに用いられます。

夏の七草は2種類?

1つ目は昭和の初めのころ、勧修寺経過雄(かじゅうじ つねお・宮内庁式部職を務め、園芸研究家)が詠んだ

涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ はちす かわほね さぎそうの花

が由来だそうです。

・葦(ヨシ)
・藺(イ)
・沢瀉(オモダカ)
・未草(ヒツジグサ)
・蓮(ハチス)
・河骨(コウホネ)
・鷺草(サギソウ)

という夏らしい植物が詠まれています。

2つ目は

第二次世界大戦中、日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会が選定したものです。

戦時中なんで、とにかく食糧に飢えています。

「焼跡にも負けず、たくましく生える食べられる植物」

ということで

・アカザ
・イノコズチ
・ヒユ
・スベリヒユ
・シロツメクサ
・ヒメジョオン
・ツユクサ

が挙げられました。

春や秋と違って、食糧難の切実さが伝わって切なくなりますね。

冬の七草はいろいろ

冬の七草は諸説あって、これ!といったものはありません。

・ねぎ
・はくさい
・大根
・春菊
・ほうれん草
・キャベツ
・小松菜

といった普段食卓に並ぶものが挙げられています。

地域によっても違いがあるようです。

ただ大根に関しては、春の七草の「すずしろ」なんですけど、こちらは「大根」と・・・

地域によっても違いがあるようです。

また、冬至の七種(ななくさ)を指す場合もあります。

・南瓜(な)※かぼちゃ
・蓮根(れ
・人参(に
・銀杏(ぎ
・金柑(き
・寒天(か
・饂飩(う)※うどん

「ん」が2つ付く食べ物を挙げて「運気」「根気」を2倍つける!という縁起担ぎの風習

が冬至の七種にはあります。

また、冬至の七種は寒くなる季節に流行る病気「風邪」の予防に適しています。

南瓜(かぼちゃ)人参に多く含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換され、

皮膚や粘膜を強くすることによって風邪の予防に役立ち、

蓮根(れんこん)金柑(きんかん)にはビタミンCが豊富に含まれているので、

こちらも風邪予防に役立ちます。

金柑(きんかん)銀杏には、咳止めや去痰効果があるといわれているのですが

銀杏は多く食べると中毒を起こすことがあるので、食べ過ぎないよう注意してください。

まとめ

日本の四季それぞれに「七草」がありました。

なかには「こじつけ」と思われる「七草」もありましたが、

それぞれの意味や背景を意識しながら、風習や伝統に触れていけるといいですね。


スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする