セブンイレブンコーヒーの頼み方・ホットやアイスでは買い方が違うの?

Pocket

コンビニコーヒー、美味しいですね。

買い物やドライブの途中、休憩によるコンビニでは必ずと言っていいほど

コーヒーを買います。

一番のお気に入りは、セブンイレブン。

セブンイレブンのコーヒー、コクがあって、まろやかで、本当に美味しいですよね。

私の母もこのコーヒーの大ファン。

ですが、一人だと頼み方がわからない!

アイスコーヒーも買いたいけど、どうすればいいの?ということで、

ちょっと調べてみました。

こちらの記事もどうぞ

先日、コンビニおでんの買い方をまとめてからというもの、 我が家の食卓におでんが並ぶ日が格段に多くなりました。(自家鍋持ち込みで大量...
スポンサーリンク

セブンイレブンコーヒー 頼み方 ホットの場合

セブンイレブンのコーヒーは

喫茶店のように、

頼んだら熱々のコーヒーが出てくる!

と私の母は思っていたようです。

セブンイレブンは自分でコーヒーのサイズを言って、そのサイズの紙コップを受け取って

セルフの機械でコーヒーを入れる!というシステムなんです。

セブンイレブンでホットコーヒーが飲みたいときは

レジの列に並んで、店員さんに頼みます。

が、ここで第一の壁が出現します。

コーヒーのカップサイズを聞かれるんです。

うちの母はホットコーヒーにサイズがあることすら知らないので、

店員さんに

コーヒーのサイズはレギュラーですか?ラージですか?

と聞き慣れないカタカナを言わたので、オロオロしてしまったと言ってました。

確かに、母のような年配者にカタカナは少々難易度高いですね。

ホットコーヒーに関わらす、アイスコーヒーでもサイズがあるんです。

R=レギュラー(普通サイズ)

L=ラージ(大きいサイズ)

です。

日常でもあまり使用しないですよね。

レギュラーとラージって。

ファミレスでライスの大盛りを頼むときに

店員さんが

「ラージライスですね?」

と確認するくらいしか聞かないですもん。

話を戻しまして、コンビニのレジの方には、

普通のサイズでお願いします!

と言っても全く差し障りがないので

私も母と一緒のときは普通サイズをお願いします。

と言っています。

スポンサーリンク

セブンイレブンコーヒー 買い方 アイスコーヒー

アイスコーヒーはレジにいる店員さんに頼んでカップが出てくるホットコーヒーとは違い

アイスコーヒーと書かれた氷が入っているプラスチックの容器

(大抵はアイス売り場に置いてあります)を手に取りレジに並びます。

この時も

R=レギュラー(普通サイズ)

L=ラージ(大きいサイズ)

がありますので、あなたの飲みたいサイズの容器を手にしてください。

それをそのままレジにてお会計します。

セブンイレブンのコーヒーは容器に対してお金を支払います。

ホットなら紙コップ1杯100円みたいな感じですね。

アイスコーヒーはこれで終わりです。

あとはホットコーヒー同様にレジ横にあるコーヒーマシーンで

コーヒーを入れます。

スポンサーリンク

セブンイレブンコーヒー 入れ方

セブンイレブンのコーヒーマシーンは、大体レジの横に2台くらい並べて置いてあります。

レジでホットコーヒー用の紙コップ(RかL)を受け取ったら、

①マシーンの下の方にある扉を開きカップを入れ扉を締めます。

②コーヒーマシーンの上段赤くなっている

ホットコーヒー

R か L

のボタンを押してしばし待ちます。

コーヒーの抽出が終わるとプープーと教えてくれるので、扉を開け、

火傷に注意しながらカップを取り出します。

アイスコーヒーの場合も同様なのですが、1つ重要なところがあります。

それは、アイスコーヒーは購入時に薄いフイルムが貼られています。

コーヒーマシーンに入れる時は、そのフィルムを必ず剥がしてから

アイスコーヒー

R か L

を押します。

コーヒーが抽出されるまで、ちょっと時間がかかるのでお待ちください。

コーヒーマシーンの横にストローや、シュガー・ミルクがありますので、

ご自分のお好みでそれらを選んでコーヒーに入れてください。

また、蓋ですが私は蓋をした方が飲みやすいので蓋は必須アイテムです。

蓋にもサイズがあるので間違えないように、またこぼさないように気を付けてください。

中には蓋は不要!という方もいるのでこちらも飲みやすい方を選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

セブンイレブンコーヒーはセルフです。

ホットコーヒーはレジでサイズを言う、アイスコーヒーは自分で好みのサイズを選んで

レジで会計する。

コーヒーマシーンは自分でセットする!いう流れになります。

どうぞ、美味しいコーヒーを召し上がってくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする