みかんの食べ過ぎで腹痛?副作用なく美味しく食べる方法はこれ!

Pocket

好きな果物は何ですか?と聞かれてたら、私は即答で

「みかん」

と答えるくらいみかんが好きです。

ただ、みかんの食べすぎはお腹が痛くなる!と言われています。

お腹が痛くならずに、みかんを美味しく食べるコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんの食べ過ぎは何個から?

みかんは手軽に食べられる果物です。

包丁で皮をむいたりしないし、1個が片手に乗る大きさなので

ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

箱で買っている!というご家庭も多いのでは?

我が家も全員みかんが好きなので箱買いしちゃってます。

箱で買ってしまうと、どんどん食べてしまい、結局食べ過ぎ・・・となりますね。

ではみかんの食べ過ぎとは一体何個からを指すのでしょうか?

中サイズで1日に2個なんです。

少ない!!と感じたのは私だけでしょうか?

もっとみかんを食べたいです。←切実

これは

果物のある食生活推進全国協議会

という農林水産省などの省庁から出来た組織が

1日の果物摂取量は約200g程度が目安

としていて、みかんだとその目安は2個とされています。

スポンサーリンク

みかんの食べ過ぎで腹痛が起きる原因は?

ビタミンC

みかんの栄養素と言えば、

ビタミンCですね。

風邪の予防にもなると言われていますが、

ビタミンCも取りすぎると下痢を起こしてしまいます。

下痢の時のお腹が痛いのは本当に嫌ですよね。

クエン酸

疲労回復に良い!といわれるクエン酸がみかんには含まれています。

このクエン酸、体内にたまった疲労物質の乳酸を分解して、外に出してくれます。

乳酸というと、ランニングをする私にとっては足に溜まってダルくなるという

やっかいもののイメージしか無いのですが、

その乳酸を排出してくれるクエン酸は優れものだと思ってます。

ですがクエン酸、胃への刺激が強いんです。

空腹時にクエン酸を含むみかんを多く食べると、胃が痛くなってしまうのです。

食物繊維

みかんを食べるときに祖母から、

「みかんについてる白いスジも取らないで食べなさい。便秘治るよ」

と言われていました。

みかんの白いスジ、食物繊維が含まれているんです。

スポンサーリンク

食物繊維と言えば便秘ですね。

でもこの食物繊維、たくさんの水分を一緒に取れば効果を期待できるんですが、

水分を取らないで食物繊維を取ると腸の中で固まっちゃいます。

逆にそれで便秘が悪くなってしまう場合あり、お腹が痛くなってしまうんです。

みかんを腹痛なしで美味しく食べるには?

1日に2個

食生活推進全国協議会が推奨しているように、みかんなら1日2個を目安に食べましょう。

もっとたくさん食べたいのは山々なんですが、腹痛を起こしてしまってが元も子もありません。

限られた個数のみかん。

より美味しく食べたいですよね。

その方法は

みかんを揉む

みかんを手にすると無意識に手でモミモミしたり、コネコネしたりしちゃいませんか?

実はそれこそが、みかんを美味しくするコツの1つなんです。

ある調査によると

みかんをモミモミ、コネコネすると甘味と酸味に変化があったんです。

甘味はより甘く、酸味は量が減りました。

これはみかんをモミモミ、コネコネしたときにみかんの細胞が傷つけられ、

その傷を修復するのに酸味があるクエン酸が使われ、

結果、酸味が減るので甘くなるという訳です。

スポンサーリンク

まとめ

みかんの食べ過ぎで腹痛とは、みかんにある成分を過剰に摂取する事で

おきてしまうことがわかりました。

みかん大好きな私は何個でも食べたいのですが、

これからは1日2個を守りたいと思います。

モミモミ、コネコネ(やりすぎ注意)してより美味しくみかんを食べたいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする