マウスピースで歯ぎしり改善?歯医者で作る値段とメリットデメリット

Pocket

寝ているとき、自分では無意識にやってしまっていることありませんか?

いびきもその1つですね。

自分で自覚出来ていないのが「いびき」 旦那さんや彼氏、友達に指摘されてショックを受けていませんか? ...

私は「歯ぎしり」が酷くて、朝起きると顔が痛いですし、頭痛や肩こりもあります。

今回は「歯ぎしり」の改善のため、歯医者さんでマウスピースを作った経緯と、

そのメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

歯ぎしりが原因?

朝起きると顔が痛い。

頭痛や肩こりは枕の影響があるかもしれないのですが、顔が痛いのはなぜ?

以前から、「歯ぎしりしてるよ」と指摘はあったものの、これが原因か?と疑心暗鬼に。

歯科検診でわかったひどい歯ぎしり

1年に1回健康診断にいくように、歯医者さんにも同じく検診に行っています。

初期の虫歯などは自覚症状がないので、検診で見つけてもらい治療すれば

痛みも少なくて済みますので歯医者検診をお勧めします。

検診時に顔が痛いことを告げると

奥歯がつるつるです。これはひどい歯ぎしりしてますね。マウスピースを作りましょう。

顔が痛いのは歯ぎしりが原因です。正確には顎関節症(あごが痛む、口が大きく開かない、

あごがカクカク鳴る)です。」

とはっきり言われたのです。

歯ぎしりとは

無意識のうちに上下の歯を合わせ強い力がかかることです。

歯ぎしりの種類 歯の動き 症状他
グラインディング 横に歯を動かす 音が出やすい 運動範囲が広い
クレンチング 歯をくいしばる 自覚症状がほとんどない 歯に圧力が集中
タッピング 歯をカチカチ合わせる  

私の場合はグラインディングにより歯がすり減り、奥歯つるつる。

以前歯が欠けたことがあり、それが歯ぎしりのせいだとは夢にも思わなかったのです。

こうして歯ぎしりの種類を見てみるとクレンチングで

歯に圧力が集中し歯がかけてしまったのだとわかりました。

スポンサーリンク

市販マウスピースのメリット・デメリット

ドラックストアには様々なマウスピースが販売されています。

私も何回か手に取っては商品を吟味し、購入を迷う!という非効率なことをしていたので

1つの商品の口コミを見てみて判断することに。

結果は以下の表の通りです。

メリット デメリット
なんといてもコスパが良い。 型取りが難しい
レンジでチンで作るので簡単 歯医者で作り直した
歯医者よりクオリティは落ちるが充分 レンジで温めから作るので火傷しやすい
歯の保護には良い 高さがあり、ズレる
手軽 歯医者に合わないマウスピースをしているといわれた

歯医者で作るメリット

市販でマウスピースを作成するデメリットの中で、

・歯医者で作り直した
・歯医者に合わないマウスピースをしているといわれた

というのが非常に気になり、正直に歯医者にきいてみると

市販品が悪いとは言わないが、自分で型を取るのはズレてしまう可能性があるので

お勧めしない。

歯医者でしっかりと型を取り、自分の歯にあったマウスピースを使用すべき。

歯型に合っていないマウスピースは歯が動いてしまい。

歯並びや噛み合わせが悪くなる。

とのこと。

歯医者で作るメリットとは

・現在の歯の状態を確認し、治療が必要な場合は治療後に作成してくれる。
・歯医者さんが型をとってくれるので自分の歯に合ったものが作れる。
・マウスピースを使用したあと、使用状況を確認してくれる

この3つに集約されているといっても過言ではないでしょう。

歯医者で作るデメリットとは

・時間がかかる
・マウスピース自体の値段が高い
・歯医者に行く手間と治療費がかかる

時間とお金がかかるのがデメリットですね。

歯医者でマウスピースを作成すると保険診療3割負担の方はマウスピース代で

5,000円程度かかります。

それとは別に作成時の治療代と、作成後に歯に装着してからの使用状況確認時の

治療費がそれぞれかかります。

トータルで歯の治療内容にもよりますが、私は8,000円ほどかかりました。

スポンサーリンク

歯ぎしり改善?

自分にあったマウスピースを付けてみると、マウスピースなしと比べてみて

顎の痛みは軽減しました。

何か月かつけていくと、グラインディングとクレンチングが酷いので

奥歯の部分のマウスピースに穴が空くという事態に。

マウスピースをしていなかったら、また歯をつるつるにしていたり、

欠けたりしていたはずです。

歯ぎしりが改善したというよりは、歯ぎしりから歯を守った。

この表現が合うように感じます。

まとめ

マウスピースをすることで、歯を守り、歯ぎしりが抑えられていると考えます。

寝ている間の癖は、そう簡単には矯正できないです。

顎の痛みが軽減し、大切な歯が歯ぎしりによって削られたり、欠けたりするのを防いでくれるので

私には無くてはならないアイテムとなっています。

スポンサーリンク

&nbsp




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする