梅雨の洗濯を早く乾かしませんか?

Pocket

梅雨じきはジメジメベトベト。

気分も沈みがち。

おまけに雨続きで洗濯物が乾かない!!

臭いがする!!

早く乾かしたい!!

そんなお悩みありませんか?

今回は洗濯物をより早く乾かす方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




脱水の回数を一回増やす

通常、脱水をおこなうのは1回の方が多いのでは?

早く洗濯物を乾かしたい!そんなときは、もう一度脱水をしてみてください。

これは劇的に早く乾きます。

シワが気になる~という方もいらっしゃるかと思いますが、脱水が終わった後キチンとシワを伸ばすよう干せば気になりません。

が、衣類の種類にもよりますので、洗濯表示等をご確認ください。

洋服に抵抗がある場合、タオルだけ2回脱水を試してみてください。

間隔を空けて干す

晴れている日なら多少間隔を狭めて干しても乾きますが、部屋干しの場合は間隔を空けて干す!!これが鉄則です。

ハンガー型のものならば1つ、もしくは2つ空けて干すと空気の通り道が出来ます。

またタオル類も折り曲げて干すのではなく、タオルの端をピンチではさみ1枚の状態のまま干しましょう

スポンサーリンク

扇風機と除湿機を一緒に使う

これは王道ですね~。

扇風機も弱で良いんですよ。

首ふり機能にして、洗濯物全体にあたるよう風を送ります。

部屋を閉め切って除湿機もタイマー機能を使ってみると、こちらも早く乾きます。

☆ジーンスは立体的に干す

ジーンズやパンツ系は、履くときのように立体的に干し、風の流れを作ります。

またポケットも多いので、裏返しにして干すとより早く乾きます。

スポンサーリンク

パーカーも逆さまに

100均などでフード部分専用のハンガーを使用したことがありますが、小さめの角ハンガーに胴体の裾部分から

干した方が早く乾きました。

新聞紙を敷く

洗濯物の下新聞紙を敷きます

ここ注意ですが、床にただ新聞紙を敷くのではなく、一度クシャクシャに丸めてから広げて敷きます。

これで新聞紙の空気に触れる面積が増えるので吸湿性が上がります。

まとめ

洗濯干しって意外に場所や時間をとりますね。

他にもやならくてはならない家事がてんこ盛りなので、1つの家事はなるべく時間も手間のかけずに終わらせ

たいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする