雇用保険被保険者資格取得届の記入例・押さえるべきポイントはこの3つ!

Pocket

新しく社員の方が入社されたら、雇用保険加入の手続きをしますね。

その時必要となるのが雇用保険被保険者資格取得届です。

私が雇用保険関係を担当したばかりのころは、何をどう書いていいのか

全くわかりませんでした。

ですので、今回は雇用保険被保険者資格取得届の記入例を中心に、

こんな時どうする?といったこともお伝えしていきます。

スポンサーリンク

雇用保険被保険者資格取得届の記入は鉛筆?ボールペン?

こちらの記事もどうぞ↓

雇用保険被保険者資格取得届は社員があなたの会社に入社して、雇用保険に加入するための書類です。 都会のハローワークなどは...

ハローワーク適用課に提出する書類の中には、鉛筆書きでも良いものがあります。

この雇用保険被保険者資格取得届も実はその1つです。

この事実を知った時、私は思わず小躍りしたくなりました。

だって書き損じたら書き直しですよ。

鉛筆だったら消しゴムで消せるので、うっかり間違えてしまっても大丈夫なんです。

すごくほっとしたのを覚えています。

スポンサーリンク

雇用保険被保険者資格取得届の記入例

雇用保険被保険者資格取得届は鉛筆で記入OKですので、鉛筆で書きます。

今回は、見やすいようにマジックで記入しました。

では①から順番にご説明します。

①個人番号    マイナンバーの番号
②被保険者番号  入社する人の雇用保険番号。
③取得区分    前職で雇用保険に加入していた方は2
④被保険者氏名  加入者の名前 漢字
⑤フリガナ    カタカナで
⑥性別
⑦生年月日
⑧事業所番号   あなたの会社の雇用保険事業所番号です。
⑨被保険者となったことの原因   前職で雇用保険に加入していた方は2
⑩賃金      給与額
⑪資格取得年月日 入社日
⑫雇用形態    正社員は7
⑬職種      事務で入社する方は3
⑭就職経路    私はいつも4にしています
⑮1週間所定労働時間  1週間の労働時間
⑯契約期間の定め 正社員の場合定めがないので2
⑰事業主     あなたの会社の社印

スポンサーリンク

雇用保険被保険者資格取得届の記入時の注意点

ここでは記入時の押さえるべきポイント3つと内緒話的なことも、こっそりお伝えします。

まず、

②被保険者番号
雇用保険番号がわからない人については履歴書を添付
こちらは履歴書でなくても職歴(これは必須)がわかればよいので、職歴書でもOK

⑤のフリガナ

雇用保険番号は実は生年月日・カタカナ・職歴管理されています。
ですので、漢字が仮に間違っていたとしても、あまり重要視されません。(内緒の話)
間違ってはいけないのは、生年月日・カタカナ・職歴です。
まれに、同じフリガナ・生年月日という方がハローワークの検索上出てきた場合、職歴で判断しますので、被保険者番号がわからない場合は添付書類を必ず付けてください。

⑮1週間所定労働時間
パートの場合ここの時間が30時間未満だと短期雇用被保険者となります。
今後ハローワークなどに資料を提出しなければならないとき、この短期雇用被保険者が重要となってきますので、ご注意ください

こぼれ話
⑩賃金
こちらの賃金額も参考程度なので、キッチり計算しなくてもおおよそ金額があっていたら

OKです。

スポンサーリンク

まとめ

雇用保険被保険者資格取得届の記入時の参考になりましたか?

記入するところが多いですが、1つ1つパズルを埋めるように書いていくと書きやすいかも知れません。

何枚も書いているうちに、スラスラと書けている自分にビックリしちゃいますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする