離職票とは・1年未満やパート扶養内で辞めた場合は発行してもらえるの?

Pocket

入社した会社を何らかの理由で退職しなければならないとき、

「離職票を発行してもらえますか?」

という質問をよく受けます。

特に1年未満で退職した場合や、パートで旦那さんの扶養内で働いていた方など

心配になるそうです。

今回は

正社員だったけど1年未満で会社を辞めた

パート扶養内でしかも1年未満で辞めたけど、

離職票は発行してもらえるの?という疑問に、お答えしてきます。

雇用保険の被保険者には種類がある

ご承知の通り、離職票は雇用保険に加入してないと発行できません。

雇用保険加入手続きは、あなたが入社した会社が行いますが、

雇用保険の被保険者になるには、ある一定の条件があります。

1週間の所定労働時間が20時間以上あること。

その会社(事業所)に継続して31日以上雇用されることが見込まれていること。

正社員の方は問題なく上記の条件には当てはまります。

パートの方は契約時に交わす、

雇用契約書に

9:00~16:00(休憩60分) 週4回

のように書かれていたら

6h×4=24h

1週間の労働時間は24時間ですね。

なので雇用保険に加入しなければなりません。

ちなみに1週間の所定労働時間週30時間未満の被保険者は短期雇用特例被保険者といいます。

週の労働時間が20時間以上30時間未満であっても雇用保険には加入します。

短期雇用特例被保険者だからといって、雇用保険の制度が30時間以上の人と何か違うのか?

というと、全く変わらないので安心してください。

私の知る限りではこの短期雇用特例被保険者=短時間労働者は統計を取ったり、

障害者の雇用人数の算定に使っています。

雇用保険に加入すれば、様々な手当や給付金がもらえます。 どのような種類があるのか、まとめてみたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

パート扶養内

旦那さんの扶養内で働いています。

と言われますが、扶養にも2種類あるのをご存知ですか?

1つは税法上の扶養

その年の1月1日~12月31日までに年収で103万以下に抑える働き方での扶養

もう1つは

年収103万は超えてしまったけど、年収130万以下なので旦那さんの会社の保険証を持っているという扶養。

この2つは離職票を発行する、しないには関係性はありません。

スポンサーリンク

離職票は算定期間を12か月記入

失業手当(基本手当)の受給条件の中に

離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること。

引用 ハローワークインターネットサービス

と書かれています。

なので離職票の被保険者算定対象期間は通常12ヶ月分記入します。

この12ヶ月は1か月の働いた日数が11日以上ないといけません。

1年未満だと、どうなる?

1年未満で退職しても、ある一定条件を満たしていれば、

前職と被保険者算定対象期間を合算することができます。

(↑通算できるかどうかは必ず職安に確認してください。)

会社にもよるかと思いますが、たとえ1年未満で退職する場合でも

本人が離職票を希望しているのであれば

(私が勤務している会社では)離職票を発行します。

極端な例だと入社3か月で辞める方でも、離職票が欲しい!と言われれば、作成します。

あなたが会社を退職する際、会社側から受け取る書類の中に 「離職票」というものがあります。 この離職票、今...

まとめ

正社員で1年未満で会社を辞めても、

パートで雇用保険加入していて1年未満で会社を辞めても

離職票は発行出来ます。

私の会社では最短2ヶ月で辞めた方の離職票を作成しました。

前職と被保険者期間を通算できるようであれば、

たとえ短い期間でも離職票は発行してもらいましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする